僕が仮想通貨バブルに乗り損ねてしまった話し

僕が初めてビットコインという名前を目にしたのは2015年、ギリシャが財政破綻するかもしれないというニュースが流れていた頃でした。その頃ギリシャの通貨の信用度はとても低く、多くのギリシャの人が資産をビットコインに移しているという話を聞きました。


その話から僕はビットコイン、仮想通貨全般に興味を持ち始めました。調べて行く中で特に面白かったのは、torを利用したダークウェブ上でビットコインが主な通貨として扱われていること、ブロックチェーンという仕組みで成り立っていることでした。その頃の僕は仮想通貨の価格が上がるなど全く考えていませんでしたが、面白そうなので買ってみようと思い買い方を調べました。しかし、その頃の僕はまだ未成年で18にもなっていなかったため買うのは難しそうだということで諦めてしました。



それからもビットコインは見続けていました。そして、去年、2017年の年末の異常な仮想通貨バブルがありました。しかし、まだ僕は未成年でした。日本の取引所の口座を開設するためには親の許可が必要だったりと面倒で諦めました。


最近成人し、念願の口座を開設しました。今年に入ってからだったので暴落が何度かあり、仮想通貨の価格は少し下がりました。しかし、長く見てきたおかげなのか多少の利益を出すことができました。でも、2015年に買っていたら今頃は...としょうもないことを考えてしまいます。